胃がんの手術はどう進化した?

動画が正常に表示されない場合、推奨環境をご確認ください。

胃がんの外科手術は、長らく開腹手術によって行われてきました。その後、腹腔鏡手術、ロボット支援手術という新しい方法が登場したのは、比較的最近のことです。 「新しい手術=高度な優れた手術」と思いがちですが、これら3つの手術は「内容は同じで、アプローチが違うだけ」と、広島記念病院 消化器センターの二宮基樹先生は指摘します。では、胃がんの外科手術はどのように進化してきたのでしょうか。