本編を視聴するには、ログインしてください。

動画が正常に表示されない場合、動作環境をご確認ください。

阿部 雄太先生:肝細胞がんの治療法とは?多彩な治療法からどのように選ぶのか?

肝細胞がんは他のがんと違って、多くの場合、基礎疾患として慢性肝炎や肝硬変などの慢性の肝疾患を背景として罹患します。発がんの大きな原因としては、B型肝炎ウイルスなどの肝炎ウイルスが考えられてきましたが、近年では慢性的な肝疾患が無い場合でも罹患するケースが増加しています。 肝細胞がんは無症状のことが多く、ほとんどの患者は自覚症状無く来院します。肝細胞がんの罹患状況や具体的な治療法、肝切除における開腹手術と腹腔鏡手術を選ぶ際のポイントなどについて、慶應義塾大学病院 一般・消化器外科学 阿部 雄太先生に教えていただきました。

関連動画