大腸がんの内視鏡治療とは?ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)のメリット・デメリット

動画が正常に表示されない場合、推奨環境をご確認ください。

大腸がんの治療法の1つに内視鏡治療があります。内視鏡治療は、侵襲が少なく身体的負担が比較的小さいため、近年適用が多くなっている治療法です。内視鏡治療の適用される大腸がんについてやESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)のメリットとデメリットについて、京都医療センター消化器内科の滝本 見吾先生に教えていただきました。