本編を視聴するには、ログインしてください。

動画が正常に表示されない場合、動作環境をご確認ください。

後藤 修先生:LECS(腹腔鏡・内視鏡合同手術)低侵襲術の新コンセプトとは

昨今、多くの外科手術で「より患者さんに負担が少ない手術を」「より早い回復を」という目標が提示されるようになり、技術の進歩とともに低侵襲の手術が普及しつつあります。

そのような情勢の中生まれた新しい手術コンセプトである「LECS」は低侵襲手術の1つであり、腹腔鏡と内視鏡の2つを用いる術式です。

今回は、LECSの具体的な適用疾患やメリット・デメリット、LECSでの治療が可能な国内施設の情報などについて、日本医科大学・消化管内科の後藤 修先生に教えていただきました。

関連動画