本編を視聴するには、ログインしてください。

動画が正常に表示されない場合、動作環境をご確認ください。

寺岡 俊輔先生:非小細胞肺がんの治療法 - 免疫チェックポイント阻害剤の適応は?ステージで治療法は?-

非小細胞肺がんは、肺の組織内にがん細胞が生じる悪性腫瘍です。

いくつかの種類はありますが、しつこい咳や息切れ、血痰、食欲不振などの症状が見られます。

喫煙習慣または受動喫煙の経験は大きなリスクとなりますが、大気汚染なども発症リスクを高めます。

今回は、非小細胞肺がんの治療法について、ステージやバイオマーカーによる具体的な選択肢などについて、和歌山県立医科大学・腫瘍センター/呼吸器内科・腫瘍内科の寺岡 俊輔先生に教えていただきました。

関連動画