頭頸部がんの治療で声を失ったら…予防法や病院選びのポイントも

動画が正常に表示されない場合、推奨環境をご確認ください。

頭頸部がんは顔や口腔内、のどにできるがんですが、その外科的切除によって声を失ったり、嚥下機能を失うリスクがあります。消化管の移植などでのど部分の構造自体を再建できたとしても、声を出す機能を維持することは非常に難しいとされています。 今回は、頭頸部がんの治療において、発声を取り戻すための具体的な方法や、頭頸部がんにならないための予防法、病院選びのポイントなどについて、東京医科歯科大学病院 頭頸部外科・教授の朝蔭 孝宏先生に教えていただきました。